脂肪吸引の手術を先生に頼む【特殊な施術方法もある】

カウンセリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

施術の流れについて

ドクター

もし、自身の体型について悩みを抱えている人の中で、ダイエットを継続しても中々痩せることができないといった人がいるのであれば、美容外科クリニックを受診して脂肪吸引手術を受けることをお勧めします。脂肪吸引治療というのは、外科的治療を通して無駄な脂肪を直接取り除くことのできる美容治療です。体型を太く見せる原因を直接除去することができるため、確実に痩身効果を得ることができるでしょう。ここでは、この美容治療がどういったものか知るために、施術の流れについて説明していきます。前述した通り、この美容治療では外科的治療が行なわれます。一般的な施術(マニュアル法)であれば、最初のステップとして切開箇所をマーキングしていきます。マーキングはカラーペン等で行なわれ、基本的に術後に残る傷跡が目立たない箇所が選ばれるでしょう。例えば二の腕の施術を受ける場合であれば、肘が切開箇所となりマーキングされるのです。この切開箇所は施術を担当する医師によって異なってきますので、心配なら術前のカウンセリング時にしっかりと確認しておくことをお勧めします。

脂肪吸引手術の第二ステップでは、マーキング箇所に局所麻酔の注射を行ないます。これにより、術中に患者が痛みを感じる心配がなくなるでしょう。麻酔が効いた後には、第三ステップとして皮膚を切除します。この時に切り取る皮膚の範囲は数mm程度であるため、術後に残る傷跡も小さなものです。切開後の第四ステップでは、切開箇所から脂肪層にチューメント液を注入し、脂肪を除去しやすい状態に整えます。このチューメント液というのは血管収縮剤・局所麻酔薬・生理食塩水等を混合した薬液のことで、注入することによって脂肪層をふやけさせることが可能です。チューメント液によって脂肪層がふやけたことが確認されたら、最終ステップとして切開箇所からカニューレが挿入されます。カニューレというのは挿入管のことで、これを使って脂肪を吸引していくのです。十分に吸引することができたら、傷跡を縫合して施術が終了します。術後にはダウンタイムが必要になりますので、必要なケア等を担当医に確認しておきましょう。

ここでは、チューメント液を用いた施術方法について紹介しましたが、美容外科クリニックで受けられる脂肪吸引手術にはその他にも様々な手術方法が存在します。例えば、ベイザーやライポマティック、ウルトラゼット、ボディジェット、エルコニアレーザー等です。それらの施術方法はそれぞれ効果の高さや身体に掛かる負担等が異なるため、しっかりと調べた上で自身が納得して受けられる施術を選んで受けることが大切になるでしょう。施術内容について調べる時には、インターネットを活用することで簡単に調べることができるはずです。もし、インターネットで調べてもよく分からないというのであれば、実際に美容外科クリニックを受診して専門医に質問してみると良いでしょう。そういった質問を電話で受け付けているクリニックも存在しますので、気軽に質問することができるはずです。