脂肪吸引の手術を先生に頼む【特殊な施術方法もある】

カウンセリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な施術方法

メジャー

美容外科クリニックで受けることのできる脂肪吸引手術には様々な施術方法が存在し、その中でも特に一般的なものとしてマニュアル法が挙げられます。マニュアル法は切開後にチューメント液を用いて脂肪を溶解し、吸引するといった施術です。ここでは、マニュアル法以外の施術方法についても知っていきましょう。マニュアル法以外の施術方法には、ボディジェットやベイザー、レーザー等が存在します。まずは、ボディジェットと呼ばれる施術方法について説明していきます。前述した通りマニュアル法ではチューメント液を用いて脂肪を溶解し吸引しますが、ボディジェットではカニューレ(吸引管)からジェット水流を噴出し、その水圧を利用して脂肪細胞を他組織から分離してから吸引していくのです。この時にカニューレから噴出されるジェット水流には麻酔効果・止血効果のある薬剤が入っており、術中に痛みや内出血を発生させることなく脂肪細胞と他組織を分離させることができます。また、水圧による分離であるため、身体に掛かる負担も少ないと言った特徴があるのです。次に、ベイザーと呼ばれる施術方法について知っていきましょう。

ベイザーというのは、超音波を用いた施術方法になります。この施術では切開箇所からカニューレを挿入する際、カニューレの先端から超音波を発生させるのです。この超音波はベイザー波と呼ばれ、振動エネルギーを発生させます。振動エネルギーは脂肪細胞を柔らかくし、除去し易い状態にしてくれるのです。ベイザー波は他細胞に影響を及ぼすことがないため、ボディジェットと同様に体への負担が少なくて済みます。ただ、この施術の方がボディジェットよりも効果的です。最後に、レーザーによる施術方法についてです。レーザーによる施術方法は幾つか存在しますが、ここでは体外からレーザーを照射する施術方法を説明します。そういった施術方法はエルコーニアレーザーと呼ばれており、切開前に体外から低出力のレーザーを照射し、脂肪細胞を柔らかくした上で吸引していく施術方法となっています。このように、美容外科クリニックで受けることのできる施術には様々な種類があるのです。その種類によって手術後のダウンタイムの長さが異なり、体に掛かる負担が少ない施術ほどダウンタイムが短くなります。脂肪吸引手術を受ける時には医師による説明をしっかりと受け、手術失敗時におけるリスクなども理解した上で施術を受けましょう。